鈑金塗装

鈑金塗装とは、車の車体(ボディ)の凹みやキズを修理する仕事です。鈑金塗装工場では交通事故などで大きく破損した車の修理や、いつの間にか付いてしまった小さなスリキズの補修、ボディカラーの塗り替え(全塗装)までいろいろな修理をおこなっています。 そのような技術を活かして、お車にオリジナルカスタムを施すことも可能です。詳しくは清水塗装まで、お気軽にお問合せください。ここでは、鈑金塗装の一例をご紹介します。

鈑金[板金]塗装・作業工程

▼ 事故車搬入

事故車搬入 写真ですと分かりづらいですが、右フロントタイヤ上部にスリ傷と大きな凹みがあります。

▼ 部品交換

部品交換 凹んだ箇所のパーツを交換します。
メーカーから送られてくる部品は塗装の下地処理がしてあるだけで、塗装はしてありません。というのも、ボディーカラーはお車の使用環境により若干の違いが出てきます(日焼け具合等)。
現状の色をしっかり目で確認し、同じ色を作る作業はまさに職人の技です。

▼ マスキング・塗装

マスキング・塗装 塗装箇所以外を丁寧にマスキングし、余計なところに塗料がつかないようにします。
今回はツートンカラーなので、下部(グレー)と上部(パールホワイト)に分けて塗装します。
塗装部とそうでない部分に色の違いがないか、しっかりと確認します。

▼ 下部・塗装完成

下部・塗装完成 下部の塗装が完成です。乾くのを待って上部のマスキングをはがし、次は下部をマスキングします。

▼ マスキング・塗装

マスキング・塗装 同様に上部を塗装します。

▼ 上部・塗装完成

上部・塗装完成 上部の塗装が完成しました。
乾くのを待って下部のマスキングをはがし、最後にクリアーを吹き付けて完成です。

▼ 完成

完成 凹みがあったことがウソのように、ピカピカに仕上がりました。事故前の写真ではありませんよ(笑)
お客様にも大変喜んでいただけました☆

▲ このページのトップへ